branding
最も重要なことは、「生前対策」です。

生前対策について

税務署に相談に行かれても将来の相続税の節税方法を教えてくれはしません。

金融機関や役所などで開催される無料税務相談会の類に参加しても、対応して貰える時間が短すぎたり、相談に最低限必要な書類が準備出来ていなかったり、担当する税理士の知識が不足していたりで的を射たアドバイスを貰える可能性は極めて低いと考えられます。

そもそも生前対策は対策を必要とされるご家庭ごとにオーダーメイドでじっくりと考えてゆかねばなりません。
お客様にとって最もメリットが期待出来る対策案を導くためには、相談を受け得る税理士がどれだけ多くの生前対策相談事例を持ち合わせているかという経験値が必要となって参ります。

相続税試算

お客様に最適な相続税対策を立案するために、現在のお客様の財産状況を棚卸し、将来相続税がいくらかかるのか試算します。

現状の財産状況を棚卸することで、相続税を軽減するための課題を明確にし、現在行うべき対策を提案します。

生前対策レポートの作成

試算結果に基づき、考えられる生前対策のパターンごとに相続税・贈与税のシミュレーションを行い、2次相続を考慮したお客様にとって最適な生前対策を明確にしていきます。

いくつかの具体的な生前対策プランをご提案し、それぞれどの程度節税効果があり、どのようなメリット・デメリットがあるのかを記載したレポートを提出します。

生前対策は将来の相続税の減額を考えるだけでなく、円滑で争いが生じない財産承継・事業承継を提案いたします。

相続対策フローチャート

争族とならないか(もめる相続orもめない相続)
相続にあたって本来優先順位として一番高いのは、相続税の確定申告でも相続税の支払いでもなく「分割協議書の作成」です。相続となるのか、争族となってしまうのか。 避けられないことが予想される場合の対策は節税よりも一番優先すべき事項であると我々は考えます。
現状を知る(相続財産の棚卸し)
相続を控えた方は皆、漠然とした相続税への不安をお持ちです。 しかしそれでは何を、どのくらい、どういう方法で、対策していけば良いのか話が進みません。 現状の財産債務を数値化し、将来の相続税額を試算する事により現状の問題点や目標額が浮かび上がってきます。
納税戦略を考える(一括納付or延納or物納)
相続税が発生する場合、相続開始後10ヶ月以内に税金の納付をせねばなりません。 納付できない場合には延納(分割払い)、延納でも納付できない場合には物納を選択せねばなりません。 節税も大事ですが遺産継承に伴う税金のキャッシュアウトをどのようにクリアするかを考えます。
節税対策を考える(贈与や資産圧縮)
昨今の税制改正によりいわゆる飛び道具的な節税方法はほぼ無くなりました。 金銭暦年贈与、不動産暦年贈与、不動産精算課税贈与、保険加入、アパート建築、不動産購入、自社株引き下げ、養子縁組etcご相談されるご家庭に最も適した方法をご提案します。
プランの実行(短期・中期・長期で考える)
対策案を導けたとしても絵に描いた餅で終わっては意味がありません。 対策案の実行にあたっては相続開始までの期間を比較的短期とみるか 中長期とみるかにより具体的な手法が変わってきます。
お問合わせ